下北沢屋根裏での思い出

 :二人にとって下北沢屋根裏が最初の出会いの場所とのことですが、残念ながら今は無くなって

   しまいました。その屋根裏での思い出は沢山あったと思います。お互いの一番の思い出はなん

   ですか?

増子:俺は初ワンマンだな。東京で全然お客さんが入っていなかった時に演らせてくれたから。

 :二位さんがですか?

増子:そう。 「大丈夫だ! ある程度入れば大丈夫だよ! やろう」って。

二位: (笑)

増子:普通は、そんな簡単には演らせてくれないからさ。だってワンマンは店の看板にも関わるから

   ね。それを演らせてくれたのは嬉しかったね。

二位:そうね~。気合入っていたら、それで十分だとおもう。特に怒髪天は覚悟メラメラだから何と

   かすると思うもん。

増子:バンドとしてはモチベーションは上がるよね! ただ呼べるお客さんなんて10人、20人位であ

   とはバイト先のやつらに無理やりチケット買わせて来てもらってるだけだからさ。そこまで入

   らないんだよね。50人くらいだよ。そういう時代があったけど、楽しかったね。一緒に演って

   たミッシェルとかさ。

二位:あの頃にいたバンドみんな今も繋がって、

   頑張ってる。

増子:そこは縁だからさ。今だに関係は続いてるよね。

二位それにジャンルレスだったのが面白かったんだよね。

増子:そうだね~、当時は。バンドブームが終わった頃

   で、バンドブームの頃はさ、動員あるバンドが沢山

   いたから、ジャンルで分けられちゃうんだけど。結局はそういうところじゃないやつらが生き

   残るよね。

二位:そうだよね。そこに見えないラインがはっきりあって、ほぼ1年差なんだけど、すごくはっきり

   しているよね。

増子本当にそうだよ。これがバンドブームの功罪なんだよね。俺らの一つ上はデビューが早かったし。

二位:でも、怒髪天が遅かったって言う訳でもないんだけどね。

増子:1回はデビューしてるけど。

二位:早めに種は蒔いたけど、花を咲かせるまでは時間かかったね (笑)。でも、出会ってすぐの頃、

   91年だっけ北島三郎さんが書いてくれた怒髪天のロゴっていうか題字、あれは心打たれたな~。

増子:あの頃は、下北で言ったらやっぱり屋根裏、その後Queとシェルターでさ。

   あとは倉山くん (VIVA YOUNG)だったりさ。

二位:倉山くんね~。元気でやってるよ。今年もVIVA YOUNGやりますからね!

 

 

お互いの魅力とは

 :二位さんが初めて屋根裏で怒髪天のライブを観た時に、「これは!」というところはどこに感

   じましたか?

二位:まずね、かつて観たことがない事。だからジャンルは分からない。ほかの人にジャンル説明で

   きないどころか、何もかもが分からないけど、どうやら札幌から4人。で、やんちゃ仲間がいっ

   ぱいいる。

増子:ただ、メンバーはみんないいやつだよ。

二位:いいやつだね (笑)

増子:3人は非常にいいやつだから (笑)

二位:えっ一人は誰 (笑)!? まあまあ、それでね、喋ったら非常に面白い! なんか接しててワク

   ワクさせられるの。やってることはそれまでに聞いたことない音楽だし、変な格好だけど、聴

   くと上手いんだよ。ちゃんと音楽やっててね。そしてひとつひとつ扉があって、まず最初の扉

   を開けると、次の瞬間、予想以上にびっくりするわけよ。そして次の扉を開けるとまたびっく

   りするというのがひたすら終わらないんだよ。興味津々になるの。おれにとって聞いたことな

   い音楽っていうのが一番ロックで一番パンクだったから。

増子:訳の分からんプロというよりも、自分たちのオリジナルを追求していくうちにおかしな形で進

   化していくというかさ。

二位:うん。

増子:あとさ、同い年で店任されてるって東京はすごいなって思ったね。それと、すごくいい意味で

   の緩さがあって。二位さんも昔バンドやっていたからさ、バンドの事を色々分かってくれてる

   から、商売じみた感じがしないって言うか。すごくやりやすかったね。

二位:でも、あの時俺が悩んでたのは、会社から1日に5バンドでやれって言われていて。それが嫌で

   頑なに4バンドでやり続けたっていう~。そんな中でも怒髪天やミッシェルとかと仲良くなった

   りとかで、やる気はそぐわれなかった。その頃はバンドの波及も早かったよね。

増子:そうだね。ウルフルズのトータスも2015年の二位さんが企画した屋根裏のイベントに観に来て

   くれてたんだけど、彼も屋根裏で仲良くなったからね。一緒に撮った写真もあったし。あいつ

   も同い年だしね。

二位:そうだね。

増子:みんな現役で演ってるっていうね。

Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved