映画Colors of Life

二位:やっぱり映画撮った時が、最たるそれの表れだよね。

増子:楽しかった、あれもね。

二位:うん、楽しかった。体力的にはハードだったけど。

 :二位さんは映画を作る上で、増子さんが主人公と決めてたんですか?

増子:そう。でも長編映画じゃなかった。初めは短編のショートムービーだったんだもん。

二位:当初は20分ぐらいだったもんね (笑)

増子:20分ぐらいだったのに恐ろしく長くなったからね、面白かったけどね。

二位:あの時にね、やっぱり増子直純だから、みんなが一つになれてるんじゃないかな~と撮ってる

   最中に思ったね。

増子:大変だったけどね。

 :脚本を書く上で、そこから増子さんのイメージはあったんですか?

増子:一緒に手を加えたから。

 :そうなんですね。

二位:みんなが役者じゃないから、そんなに器用な演技は出来ないわけで、普段の喋る口調だとか、

   行動だとかが出るように台詞を考えていくわけ。その中で一番書きやすいし、そういう素養も

   あると思ったら、増子直純しかいないと。

増子:だから俺らで何回も書き直してさ。こういう風にした方がいいんじゃないのなんて言って、

   思った以上に出来ない奴がいたり、思った以上にロボットみたいになっちゃたりとかね (笑)

二位:ロボットだったね (笑)

増子:ゾンビみたいなやついたもん (笑)。

二位:いやあれ、まじで朝から撮影で、寝るシーンでホントに寝ちゃってさ。

増子:あの時に一緒にやったやつとか今でも仲良いしね。

二位:うん。Sepaの連中が出てて、そこのベースのヒデトはColors of Lifeには出てないけど、その

   ヒデトが後に怒髪天のディレクターになってね。

増子:あいつは、そして俺たちのために会社と戦って散っていったけどね (笑)

二位: (笑)

増子:今は、時雨 (凛として時雨)担当してるよね?

二位:うん、百瀬さん (Moving on)のところで頑張ってるよ。

増子:おかしかったんだよな、戦いに戦って散っていったからな。無茶すんなよって言ったんだけど

   ね (笑)。で、今のディレクターは増沢だしね。あいつもテルスターとかガールハントでCLUB

   Que出てたんだもんね。

二位:氣志團万博に怒髪天が出る前日にQueで、DJやって踊りまくってたからね。

増子:それがディレクターだからね。

二位:面白いなあ。

 :そういう関わり合いがあった人が、どんどん繋がるっていうのがありますね。

増子:やっぱりバンドやったことあるやつは、話が早いからじゃない。色々な感覚があるからで。

 

 

怒髪天再活動

二位:再結成して2回目かな? ウエノコウジが階段でチラシ配ってたんだよね。覚えてる?

増子:覚えてる。

二位当時ミッシェルがめっちゃ売れてるのに、ウエノが階段で「怒髪天でーす!」ってチラシ配ってて。

 :ウエノさんと一緒に?

二位:いや、一緒じゃなく勝手に。

 :勝手にですか?

二位:そう、勝手に。怒髪天はまだ終わったばかりで楽屋にいてその間ウエノがやってた。

   本気で怒髪天が好きだったの。

増子:あいつにはすごく色々な恩があるからなぁ。

   だいたいミッシェルがあんなに売れるとは思わなかったから。

二位:うん。まあ屋根裏にいた時に、屋根裏にいた人たちの誰かがどうにか大成するなんて思ってな

   かったけどね (笑)。想像する暇も前例もないし。

増子:ガツーンといった時に、チバユウスケに会った時に聞いたの。

   大変だなって言ったら、自分が一番驚いてる、こんなことになると思わなかったって。

二位:そんな中一番売れる素養があると思った桜井くん (真心ブラザーズ)でさえ、変拍子で難解な音

   楽やってたからね。大衆性が一番じゃないよな~と。

 

 :活動開始した時の最初はQueだったんですか?

増子:再開した時はQueだね。

二位:最初はハックルベリーフィンとやってるんだよ。

増子:ハックルベリーフィンとは何回かやってるよね。俺ら再開した時のライブは、客席にミッシェ

   ルのみんな来てたし、客よりバンドマンが多かった。

二位:ほんとそう。みんな仲間だし気にしてた。2回目はVIVA YOUNGだったよね。

 :活動再開する上で、増子さんは最初はQueと決めていたんですか?

増子:そうだね、他にやるところがないし、選択肢なんかないもんね。やりやすいところでやるって

   いう。惜しまれて活動休止したわけでもなんでもないからさ。やる時だって別に何の話題性も

   ないから、もう一回やるかっていうだけの話だけで。じゃあQueでやりますかって話。他のど

   こかでやりたいとか思ってもいなかったしなぁ。

二位:でも、こっちサイドは嬉しかったよね。久しぶりに会えるだけでも嬉しいんだから。

   やっぱりやってない間って、ライブハウスに行きづらいもの?

増子:もう別の仕事してたからね、それもそれで楽しかったし。

二位:本当にずっと見なかったもんね、その時だけは。

増子:うん、完全に歌う気もなかったし、バンドやる気もなかったから。やっと解放されたかみたい

   な部分もあったし。たまに、弟のバンド (DMBQ)の機材車運転して大阪行ったりとか。

二位:あ、そうなの? 運転!? あんまり似合わないけど、そんなことしてたんだ。

増子:何回かやってたぐらいで、それぐらいしかないもんね。

二位:へえ~。

増子:新天地じゃないけど、そん時はそっちの方が楽しかったから。

二位:再結成の切っ掛けはシミ? (怒髪天・清水泰次)

増子そう、飲んでてさ、まあ遊びだったらじゃあいいよって言って。楽しくないとやんないよって。

二位:たまには会ってたの? その間は。

増子:いや、全然会ってないよ。

二位:全然会ってなかったんだ。

増子:別に仲悪いとかじゃないんだけど。みんなそれぞれバンドやったり、色んな仕事してたりして

   たから、全然会わなかったもんなあ。会う機会がなかったね。

二位:でもその音楽を離れてる時期もあって良かったんじゃない??

増子:うん、あって良かったと思うよ。色々なもの見れたからね、世の中のね。

   それまではバンド村の住人だったから、ずーっと。

二位:そうね、違う世界見て視野が広がるよね。それが30半ばぐらい?

増子:33歳。あの頃33歳からバンドやり始めるやつなんていないから当時。

二位:いなかったね。確かに (笑)。

増子:当時その年齢だと趣味のバンドでしょ。

   今は結構いるけど、昔は年取って真剣なバンドは中々いなかった。

二位:いなかったね。30歳超えてやってる人は、ちゃんと有名な人だもんね。

増子:そうビッグネームだけだから。

 

 :お互い今の中ではあまり変わった変化が見られることはなく、ブレずにやっているなっていう

   感じですか?

増子:そうだね、変わりようもないもんね。

二位:そうね。

増子一番変わるっていうか、成長していくのは20代だと思うの。30過ぎたらあんまり変わらないよ。

二位:そうね。たぶん環境とかは変わってくるんだろうけど、会って話してみた時に何も変わらない

   よね。変わったとしたら、前よりもっと安心感があるなあ、俺的には。

増子:そうだね、間違った事はないだろっていう。

二位:そうそう。

増子:お互いそれぞれに当時は独身だったり。今は家庭があったりとかさ。そういう面では何ていう

   か、生きてきたんだなっていう実感はあるけどね。お互いにいろいろな事を知ってるからね (笑)。

二位:そうね (笑)。自分が結婚とかびっくり仰天だけど、それ最初に報告したしね。

増子:そういう信頼感はあるよね。

二位:そうね、信頼感、安心感ね。

増子:最初は出演するバンドと、そこの店長だったんだから。もう今はそういう感じじゃないよね。

   いや…最初のうちからそういう感じなかったかも。

二位:何だったんだろうね。

増子:なかったね。

二位:そうだね。

増子:同い年っていうのももちろんあるけど。

二位:そうだね。

 :言い合いとかお互いなかったんですか?

増子:ないな。

二位:ないない、全然ない。

増子:言い合いするような事も、一個もない。

二位:うん、全くない。あーだけど俺が一個だけ否定したのがあるよ。怒髪天が前の事務所を辞める

   時ね。「もうQueはいいだろ、怒髪天のマネージャーやってよ」って言われて。

増子:「やんない?」ってね (笑)

二位:めちゃ嬉しかったし、悩んだけども、それは出来ないってね (笑)。屋根裏時代にマネージャー

   まがいのことして向いていないの知ってたから。

 :マネージャーに (笑)

増子:そう、フライハイト辞める時にいろいろ選択肢があって、いろいろパターン考えてて、どうし

   ようかな? と思って、何個か考えててどうかなと思って。

二位:で、俺は速攻で門池さん (BAD MUSIC)に電話するっていう。もうそれしかないと思って。

増子:それでBADに拾ってもらった。

二位:このマネージャーの件だけは大きく否定しちゃったね (笑)

増子:新しいことやった方がいいんじゃないかって思ったんだけどね。

二位:なんだろう、この距離感がすごく楽しいから、近づき過ぎたくないっていうのもあったかもし

   れないし、俺がやってダメにしちゃいけないバンドだし。

増子:やってたらやってたで、結果あんまり変わらなかったかもしれない。

二位:今思うと (笑)。いやいややっぱ藤沢君でしょ!

 

増子:というか一緒に何かやってて楽しい仲間だから。66NITEしかり。

二位:そうだね。

増子:今までもそうだったし、これからも変わらない。

二位:何かすごく和やかだよね。ずーっと。

増子:楽しい!

二位:楽しいよね!

増子:単純に楽しいよ。66NITEなんて、お互いに新しい人を連れてきたりしてさ。

   もう今や選びに選び抜かれた奴らばっかり集まってるからね。

二位: (笑)

増子:歳も歳だから。

二位:そうだね (笑)。25年ぐらいかけてね。ずーっと。

増子:たまにQueに行って会ってさ、「なんか面白いバンドある?」ってお互いに聞くからね。「対バ

   ンとか何かある?」って。「あれ面白いよ」「あれ面白いよな」ってなって。そういうもんだよね。

二位:そうだね~。

Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved