CLUB Que WEBSITE

Media メディア紹介

CLUB Queや店員が紹介されているメディアを紹介します。

Web

それでも世界が続くなら 篠塚 (Vo.Gu) × CLUB Que 二位徳裕

OKMusic内 「the Homeground」 の第1弾。
それぞれの立場から語られる読み応え満載のインタビュー記事です。こちらから

CLUB Que店長、二位徳裕のロングインタビューが掲載されました。
音楽情報サイト「TOTE」にて「ライブハウス特集 下北沢CLUB Que 二位徳裕インタビュー」と題して特集されました。
記事の内容はこちらから
OCN不動産のホームページの企画【こんな街で暮らしたい!】で下北沢が特集されました。
もちろん我がCLUB Queも掲載していただいてます!http://sumai.blog.ocn.ne.jp/
下北沢で楽しむのページを覗いてみて下さい。

Magazine&Book

TOmagazine TOmagazine 世田谷区特集にてCLUB Que店長 二位徳裕のインタビュー記事掲載
7月25日発売、TOmagazineの世田谷区特集にて『世田谷とライブハウス シモキタとライブハウスの幸福な関係』という記事内でCLUB Que店長 二位のインタビューが掲載されます。
全国取扱い書店&ショップ、およびオンラインにて閲覧できますので是非発売されたらチェックしてみてください。
◆TOmagazine ホームページ:http://tomagazine.jp/

[TOmagazineとは?]
2013年2月に創刊されたハイパーローカルなシティカルチャーガイド。「まだ見ぬ東京と出会うための手引き」をコンセプトに、東京23区を毎号1区ずつ特集する。最新刊の世田谷区特集で6号目となり、自主レーベル「TOpress」よりリリースされる。

モッテコ書店にてQueが紹介されました。電子書籍になっていて、無料で読めます!
Queに出演するバンドも紹介していますので、ぜひご覧下さい。
http://motteco.com/book/entertainment/music/
music_057/index.html

タイトル:Gua 「CLUB Que」
価格:無料
新連載「全国ライブハウスの輪 〜店長直撃インタビュー〜」第1回目に店長・二位が登場! ライブハウスの店長によるリレー形式のインタビューです。お店の事や近況など語ってます。 全国のライブハウス、スタジオ、レコード店、楽器店、専門学校等で無料配布しています。ぜひ手にとってご覧下さい。
http://www.fmp.or.jp/ongakusyugi/
タイトル:すべての音楽好きのための音楽制作マガジン「音楽主義」
価格:無料
モッテコ書店にてQueが紹介されました。電子書籍になっていて、無料で読めます!
Queに出演するバンドも紹介していますので、ぜひご覧下さい。
http://motteco.com/book/entertainment/music/
music_057/index.html

タイトル:Gua 「CLUB Que」
価格:無料
サウンドレコーディングマガジン2010年6月号で特集された「ミュージシャンとして 生き延びるためのライブのやり方・稼ぎ方」が、他の特集などと合わせて増補され、サンレコ別冊ムックとして刊行することが決定しました!

【詳細】
CDが売れないこの時代に、ミュージシャンはどうやったら自分の音 楽を広め、売っていけばいいのか? 本書では、iTunes Store への登録方法をはじめ、 MySpace、Twitter、YouTube、Sound Cloud、USTREAM など各種ネット・サービスを活用した音楽の販売&プロモーション 方法について詳しく紹介。既存の方法にとららわれないさまざまな ライブのやり方で、収入を得ていく方法も鋭く考察していきます。 さらに音楽著作権、マネージメントなど、音楽活動に役立つさまざ まな情報を網羅。アマチュアからプロまで、2010年代に音楽 活動するミュージシャン必携のガイドブックです。

【目次】
第1章 ネットで自分の曲を売る方法
第2章 ライブのやり方・稼ぎ方
第3章 これだけは知っておきたい音楽著作権
第4章 「音楽を作る」以外に必要なこと〜マネージメントとは?
9月25日発売予定 A4変形 116P
http://www.rittor-music.co.jp:80/hp/books/business_data/10221001.html
タイトル:ネットとライブで自分の曲を売る方法〜
ミュージシャン・サバイバル・ハンドブック
価格:¥1050(税込み)
店長二位がサンレコ2010年6月号の
特集:ミュージシャンとして生き延びていくための2010年型ライブのやり方・稼ぎ方
Part2 ライブ会場を味方につけろ!
・CASE1 下北沢CLUB Que〜バンドの登竜門が見てきた“ライブで成長する”ということ
というコーナーに登場しています。バンドマンもそうでない人も必見です!
http://www.rittor-music.co.jp/hp/sr/
タイトル:サウンド&レコーディング・マガジン 2010年6月号
価格:¥980(税込み)
音楽専門誌「音に生きる」のライブ入門という特集にCLUB Queのインタビューが掲載されました。
ライブハウスに関する指南役?として店長二位と西島が答えております。
この「音に生きる」という雑誌は一般の音楽雑誌と一味違いまして、業界専門誌のような趣です。
CLUB Queと関係が深い方も登場する気になる雑誌!是非ご一読を!!
タイトル:「音に生きる No.08」
出版社: クレタパブリッシング
価格:¥680(税込み)
店長が物について思う事を1600字ほど綴ってます。 音楽誌ではないけど、人間が忘れかけている大事なものを感じる雑誌です。
タイトル:「BIKER - MON NO.3」
出版社: 源; 季刊版
発売日: 2008/9/13
価格:¥1500(税込み)
「外見ダサイけど、あいつはやるよ」よく言われるセリフでありながら、実に的を獲ている言葉である。そしてその言葉はこの本にも当てはまる。表紙はダサイけど、中身はそう、やっているのだ。人生の全ての場面を「遊び道具」と考える無名の若者、石丸健のデビュー作!
タイトル:「これは俺の遊び道具」
著者:石丸健
出版元:鳥影社
ISBN:4-88629-626-2

店長が自信を持ってお薦めします。書評も載っているので、興味のある方は是非読んでみて下さい。
ヤギヤスオさん著「るつぼな下北沢日記」が発売されています。タイトル通り、ミュージシャンを中心にヤギさんの下北沢交遊日記が写真と共に紹介されています。もちろんQueも度々日記に登場。店長および店員の酔っ払い?姿が激写されていたりとかなり内容の濃い一冊です。
太田出版より¥1500(税抜き)で発売中!

20人の女性によるフォト&エッセイ集、原田知世さん等に並びZher the ZOOの店員が載っております。TIMESLIP-RENDEZVOUSの近藤金吾さん歌う「ホホエムチカラ」のCD付きです。
筑摩書房より税込み¥1400にて発売中。
タイトル:「ホホエムチカラ」
編集:スマイルプロジェクト
出版元:筑摩書房
ISBN:4480816305

MENU

WWW このサイト内
Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved.