CLUB Que WEBSITE

Pickup Artist ピックアップアーティスト

« Back Number


HARISS
AKIRA(Vo/G)/SEIJI(G)/YUJI(W.B)/TAKAHASHI(Dr)
» http://www.hariss.info/
AKIRA / Vo&G / 函館出身 / SIDE-ONE~HARISS
SEIJI / G / 広島出身 / THE COLTS~SIX.CROSSFIRE~HARISS
YUJI / W.B / 函館出身 / SIDE-ONE~CROSSFIRE~HARISS
TAKAHASHI / Dr / 東京出身 / PEALOUT~REVERSLOW~HARISS


2007年まさに精力的に動き出したHARISS。mf247のダウンロード数がROCK部門で1位。総合部門で2位をとった名曲『LADY BIRD』。ハイラインレコーズではDEMO CD『DEMO 5 POPS』の売り上げがランキング1位。と分かりやすい所でも評価を得て、ついに1stアルバム「POP SAVE US」を3月14日に発売したばかり。そのテイストは80年代前半のパンクがニューウェイヴと変化しロカビリーやポップチューンのロックをも融合した頃のハイエッセンスな物。ルックス的にも 50'sをモッドにアレンジして最終的にパンキッシュに見えてしまうという不思議な魅力と、ロックの基盤的なカッコよさが同居したもの。ポップで馴染み深いメロディとウッドベースが売り。それにユニゾンを多用する2本のギターワークで最高のロックを演じているし、観せるという所でも楽しませてくれる。しかも使っているギターはSEIJIが1969年ギブソンのレスポールカスタム、もしくは1959年レスポールJr。VoのAKIRAはグレッチのホワイトファルコンという、ギタリスト的には泣いて喜ぶ垂涎のモデル。そんなイカシタロックンローラーの音楽以外の趣味は釣りだったり自然観察(?)だったりするから面白い。 結成は2005年8月。だからまだ2年足らずのバンドなんだけど、それまでのそれぞれの活動がSIDE-ONEやTHE COLTS、PEALOUTだったりするわけで、そのパフォーマンスが、平均値で収まるわけがないというのも分かるだろう。さらに複合したメンバーの一筋縄ではいかない幾つものDNAが潜在していて、バンドとして、まだ日が浅い今においても注目度が高い事が頷ける。といいながらもAKIRAがSIDE-ONE解散後、相当の期間表立った活動はしていなかったということもあり、去年一杯を試行錯誤しながらもローカルな活動に徹していた。その結果、異分子がひとつの細胞となったかのような画期的な進化と、本来のレスポンスを取り戻したのだ。次回のワンマンはさらなる高揚がみられるだろう。 今後多方面で活躍するのは必然。今までになかったロックの楽しさを見せ付けてくれる事も必至です。是非注目してください。最後に各メンバーにロックンロールとはと聞いてみました。AKIRA =真実。SEIJI =起爆剤、衝動、命。YUJI =夢。TAKAHASHI=ハート。

リリースツアー TOUR'07 『POP SAVE US』
●4/6 @TOWER札幌PIVOT店インストア
●4/7 @札幌スピリチュアルラウンジ
●4/13 @神戸スタークラブ
●4/15 @京都メトロ
●4/21 @仙台パークスクエア
●4/28 @CLUB Queワンマン
●5/4 @名古屋UP SET
●5/5 @TOWER梅田NU茶屋町店インストア
●5/6 @大阪KING COBRA

*HARISS ファーストアルバム'POP SAVE US' 3月14日 全国レコード店一斉発売!!以下のショップで予約されると特典が付きます。
タワーレコード (ステッカー)
ディスクユニオン (缶バッチ)
タイムボム(関西) (缶バッチ)予約はshirai@timebomb.co.jp
ハイラインレコード (缶バッチ)
2007/4/28(SAT)
" POP SAVE US vol.9 ~HARISSワンマン~ "
HARISS

MENU

WWW このサイト内
Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved.