CLUB Que WEBSITE

System システム

出演について

出演について というと何か事務的な条件表などを羅列するのが通常かもしれませんが、最近はバンドの人の考え方も様々なので、ここではCLUB Queの方針というか「こういう人達に出演して欲しいな」というのを綴っておきます。
まず、どういう事をするグループなのか目的も含めて教えてくださいというのが前提ですね。
ロックのライヴハウスなので当然ロックバンドの出演がほとんどになりますが、なかには劇団やお笑いの方や絵画や写真とのコラボイヴェントなども結構あるので、まずは「何をするか教えてください」という事ですね。
大方「デモ音源を持ってくる」という事になると思いますが、何を揃えなきゃいけないとか、必ず必要なものという制限は一切していません。表現者が自分のスタイルにあったものを揃えてもらえればいいと思います。 夜の部より昼の部のほうがスケジュールに余裕があるので、最初は昼の部からということになります。ですが結果的には昼の部でしっかりやってもらったほうがこちらのスタッフの印象にも残るので、その後いい付き合い方が出来ることが多いようです。今までどんなバンドが昼の部からやり始めたかは別表をご参考に。
金銭的な条件ですがチャージバックです。ノルマもありません(1回目の出演ないし昼の部にはノルマがあります)。ノルマがないという事はバンドの力量や責任が問われるところですが、店としてもリスクを背負うわけなので、気を張ったイヴェント展開にして、相応の宣伝活動をしていかなければいけないという事ですね。 ※ 逆に箱代が幾らか気になるとか、仲間内のパーティー形式をやりたいという人は、ライヴハウスではなく、箱貸し設定のある貸しホールにいった方が懸命だと思います。
企画のほうは、希望日や出演者予定を含む内容、予想集客、過去の経歴などを企画書にしていただけると、スムーズに進めることが出来ると思います。過去には企画書のデザイン性(遊び心)に惹かれて企画が成立したこともあります。きちっとした書類というより、その企画に魅力が有ることが分かるような、遊び心があると嬉しいですね。
ツアーに関して、紹介制度はありません。普通にアピールしてください。条件も「地球の裏側から来ても、隣に住んでても、有名でも無名でも同じ条件で」というのを心情としています。それから遠くから来て他の店も含めて沢山ライヴをやりたい気持ちは分かりますが、お客さんもいない状態で希薄なステージをやっても無意味なので、力を集中させることから始めていただければと思います。
長々と読んでいただいて有難うございます。ですが分かる人には分かる普通の事しか書いてません。
細かいことが知りたくなったら是非会いに来てください。 誰かに頼って人気者になれるなんてことは無いですから、まずは足を運んでいただければと思います。

MENU

WWW このサイト内
Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved.