CLUB QueとNemotroubolterの関係性
諸江: CLUB QueとNemotroubolterについて伺います。今年は夏ノ陣や周年イベントに出演とCLUB Queがプッシュしていることについてど ういうご感想ですか?
NEMO: え!? プッシュしてくれてるの。初めて聞いたけど。嬉しいね。
諸江: Queでやり続ける理由ってなんですか?
NEMO: ありがたいことに、オファーがあるからです。
諸江: 他のハコと違うなってところありますか?
NEMO: じゃあ、次こういうブッキングしようよなんて考えてくれるところありがたいですよね。他のハコは「あーしたい」「こーしたい」っ て話はあるけど、途中でとぎれちゃったりすることってあると思うんですよ。その中で、ハル君がいっぱい二位さん(CLUB Que店 長)と話してるんだろうし、「次どうよ?」なんて言ってくれるのってありがたいですよね。
諸江: 今までの対バンはフラワーカンパニーズ、八十八ヶ所巡礼などジャンル問わない幅広いものがあったと思うのですが、その辺どう受け ましたか?
NEMO: その2バンドは刺激的でしたね。燃えましたね。フラカンとやったのも楽しかったですね。どんどん全然違うとことやりたいですね。
諸江: Queでこのバンドと対バンしたいっていうのはありますか?
NEMO: あんま、調べてないんだよな~。ごめんごめん。そこら辺はハル君に任せちゃってるからね。
原: ハル.さんと二位で決めた内容がNEMOさんに降りてくると思うのですが、その中での意見とかって全く任せてる感じですか?
NEMO: うん。あんまりない。文句は言うけど。「何なの~!?」みたいなことは言うけどね(笑)。僕は「どんなライブだろうが全力で」っ ていう気持ちですから。
諸江: 印象に残ったライブは?
NEMO: 震災直後のは印象残ってますね。中止しようか迷ったライブ。あれは、いい意味でも悪い意味でも印象に残ってますね。
原: 最初はやらないっていう話でしたもんね。
NEMO: やっぱ危なかったしね。余震が続いてましたし。結構直後でしたからね。あとは、Queでは結構いいライブしてると思う。「あー。今 日失敗したな。ってライブはあんまないですね。良し悪しはありますけどね。」
諸江: 6月にWORLD APART企画のイベントがありましたが、あの日の感想などは?
NEMO: あの日はレーベルのイベントなので身内のバンドとやったし、まあそれはそれで、兄貴分になっちゃうから、先輩としてみんなを見守 りながらやるっていう感じだったので、戦いにいくみたいなことではなかったですね。それより普段のブッキングの方が「なんだコノ ヤロー!」って思いますよ(笑)。
原: やっぱり負けず嫌いっていうか、「Nemotroubolterが1番!」みたいなところってありますか?
NEMO: 出るからには1番印象に残るライブやる。色んな人に聴いてもらえるチャンスだから。元気与える気がするからパワーでいきたいって感 じですよ。 諸江: ライブハウスに求めることってありますか?
NEMO: 誠実さかな。それはラジオ局でもテレビ局でも一緒だけどね。「何なの?」って思うことってあるよ。立場利用してるっていうか、は き違える人っているじゃない。
原: 対等なカンジで話すというより、上からってことですか?
NEMO: いるよね。そんなカンジの時は嫌だな。お互い様だってところで、誠実な関係でいたいですね。 諸江: 来月SUNDAYSとのライブが決まっていますが。
NEMO: SUNDAYSとは2~3回はやってるね。名古屋でも対バンしてるし。けっこう若くて勢いがある!! かっこいい!! だから、お手柔 らかにって言っといて(笑)。
﷯諸江: 今年もカバーナイトやるんですが、一昨年出演されてま すよね?
NEMO: でたね~! 結構You Tubeにアップされちゃってんだよ ね(笑)。 諸江: 最後に、来年Queは20周年なんですが、来年Queでの豊 富ってなんですか?
NEMO: 来てくれるお客さんとバカ騒ぎしたいので、「Queで一緒 にバカ騒ぎしたいです。」と。ついでに20周年祝っちゃ いましょう!ってカンジですかね。全力でいきますよ!

Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved.