バンド結成・メンバーについて
原・諸江: では、インタビューよろしくお願いします!
諸江: Nemotroubolterをスタートされて何年経ちましたか?
NEMO: 4年か5年くらいですね。
諸江: Nemotroubolterを始めるきっかけは?
NEMO: 休んでいる期間があったので、そろそろやりませんか?と事務所に言われたからです。
諸江: 自分発信でのスタートではなかったのですか?
NEMO: まぁ、のんびり屋ですから。
原・諸江: (笑)
NEMO: で、始めてみました。
原: スタート時にメンバーは固まってたんでしょうか?
NEMO: 最初は、僕1人だったんですが、知らないうちにハゲてるやつ(ケイ)が一緒に。ケイ君が、作曲を手伝ってくれてたんですよね。い ざライブの時には、僕1人でやろうとしてたんです。それが、知らない間にPVにも出ちゃえば? ってカンジで出ちゃってて。で、い つの間にか周りに言われるがままライブ出ちゃいなよってなって。で、いつの間にかメンバーになって。
原: その前からケイさんとは知り合いだったんですか?
NEMO: 10年以上の付き合いになりますね。僕が大学くらいの時からですね。
諸江: ケイさんとバンドでの交流などがあったのですか?
NEMO: そうですね、対バンでケイ君が違うバンドのVo.をやってましたね。
諸江: Nemotroubolterの現在までの活動を振り返るとどうでしょうか?
NEMO: ハッピーな空間が作れてるって気はしますけどね。 諸江: メンバーの事で伺いたいのですが、ケイさんとは10年来のお付き合いとのことでハル.さんとはどういう経緯で知り合うことになったの でしょうか?
NEMO: ハル君は、1年くらい違うメンバーとやって、そのあとに方向性をもっとロックにしようということで、ベースとドラムの人で新しく 入ってきてくれたのが、ハル君とMALCOのみんちゃんでして。それが3年前でした。
諸江: 元々サポートみたいな形だったんですか?
NEMO: そうです。
諸江: 現在、ドラマーとしてPE'Zの航さんやdetoroit7の山口美代子さんがサポートされていますが、ドラマーに対して求めている事はありま すか?
NEMO: ぼんやり女性がいいな〜って、あと、パワフルなドラマーがいいな! って思ってます。ネモトラの曲は意外とすんなりできないリズ ムも多いので、柔軟性のある人でないとってところはあります。他にもbonobosのドラムのぼんちゃんとか、アナログフィッシュの斉 藤州一郎がやってくれてますね。
原: 描いているNemotroubolterのバンド像のドラマーは女性なんですね。
NEMO: なんとなく…ですね。
原: それは、ケイさんとハル.さんがいるから女性の方がいいとかですか?
NEMO: もともと初期から、ドラムはスキマスイッチやゆずでパーカッションしてる若森さんとか、歴代女性なんですよ。なんか、女性がいた 方が面白いなって。ただ正式メンバーになったのは、みんちゃんだけですね。
諸江: 途中からハル.さんが入ってきて現在正式メンバーとして活動されていますが、ハル.さんがベースを弾くことで、ライブだったり、バン ド内の雰囲気は変わりましたか?
NEMO: 変わりましたね。よりラウドになってサーカス感が増しましたね。なんか、ボーカルより前に出るんでね。もう制御出来ないんですよね。
原: どちらかというとケイさんもそんなタイプですよね?
NEMO: そうなんですよね。だから、逆三角形みたいになってますね。ボーカルより2人が前でちゃってるっていう。
原: それは良しと?
NEMO: いや~、あんまり良くないんじゃないですかね(笑)。適当に野放しにしてます。
原・諸江:(笑) 諸江: Nemotroubolterの打ち上げは皆さん残っていかれますが、NEMOさん自身もお酒はお好きな方ですか? NEMO: 他のバンドの方が飲んでるイメージですが、ネモトラってそんなに飲んでますかね?
原: NEMOさんはじっくり飲んでるイメージですね。
NEMO: そうですね、僕は女の子の前でずっとエロ話をしてるのが好きです。
原・諸江:(笑)
NEMO: ノブさん(ナカジマノブ)ほどじゃないですね。あの辺はレベルが全然違うと思う。 諸江: Queでの打ち上げ話で記憶に残ってる事などはありますか?
NEMO: そうですね~、3時がある種ゴールだよね。だから、僕の中でも3時前に帰るか、それ以上居るかは基準決めてるな。決めてないとずる ずるいっちゃうもんね。
原: わかるな~。
NEMO: なんか、3時超えるとどうでもいい時間になってくるよね。 

Copyright © CLUB Que SHIMOKITAZAWA All rights reserved.